マンガ先生がもうすぐ終わってしまうというおよそ耐え難い事実