『コメット・ルシファー』を日曜の夜になると時々思い出す