リア彼とIDも通話も常にで息が詰まりそうだったので、理由を軽く伝えて少し減らしてもらってる